開催中の企画展

英字新聞が伝えた「日本」――ジャパンタイムズ120年のあゆみ
Japan through the lens of an English-language newspaper 120 years of The Japan Times

2017年10月7日(土)~12月24日(日)

日本と諸外国との架け橋になることを目指し、日本で初めて日本人の手によって創刊された英字新聞The Japan Times。企画展では、1897年の創刊から発行し続けた約50万ページに及ぶ紙面の中から、年代・テーマ別に約120点の紙面を厳選。政治経済情勢をはじめ生活や文化まで、日本をどのように報道してきたかを多角的に紹介します。

関連イベントとして、下記の記念講演会を開催します(敬称略)。

日時 内容 講演者
10月29日(日)
14:00~15:45
「メディアのマーケティング戦略と課題について考える~新聞からデジタルまで」
The Japan Times創刊当時から広告を掲載し、グローバル戦略を図ってきた花王株式会社とデジタルコンテンツマーケティング分野で功績を上げている日本アイ・ビー・エム株式会社の担当責任者によるパネルディスカッションを開催します。
※プレスリリースリンク
<パネリスト>
花王株会社 石井 龍夫氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 山口 有希子氏
11月4日(土)
13:30~14:45
「世界で活躍したい人のためのThe Japan Times ST活用法」
現役の編集長が英文記事を教材に、英字新聞の読み方や英語力を向上させるための効果的な活用法を紹介します。※プレスリリースリンク
The Japan Times ST
編集長 高橋敏之
11月25日(土)
13:30~14:45
「横浜が育てた英字新聞盛衰の歴史」
英字新聞の歴史を語る上で重要な役割を果たしてきた横浜。
The Japan Times創刊前の幕末から明治期に、横浜の外国人居留民がどのように英字新聞を作り、発展させたかについて語ります。
※プレスリリースリンク
上智大学
鈴木雄雅教授
12月10日(日)
14:00~15:15
「ジャパンタイムズ・僕の読み方」
ジャパンタイムズの愛読者である茂木健一郎氏が英字新聞の読み方の極意を語ります。多方面で精力的に活躍している茂木氏がおすすめする英字新聞の読み方を直接聞けるチャンスです!
※プレスリリースリンク
脳科学者
茂木健一郎氏

各イベントの日に講演会終了後、ジャパンタイムズの担当者による企画展示室の解説ツアーを行います。
予約は不要です。併せてご参加ください。

お申し込みはこちらから

主催 ジャパンタイムズ、ニュースパーク(日本新聞博物館)
協賛 常石グループ、矢崎総業、王子製紙
後援 電通、共同通信社、AP通信社、トムソン・ロイター・ジャパン、時事通信社、吉川英治記念館、神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、川崎市教育委員会
page Top