ボーン・上田記念国際記者賞 受賞者講演会

2021.04.19 イベント情報

ニュースパーク(日本新聞博物館)は5月1日(土)午前10時30分から、公益財団法人新聞通信調査会と共催で、優れた報道活動で国際理解に貢献した記者に贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」受賞者講演会を開きます。2020年度受賞者は共同通信社外信部次長の芹田晋一郎氏と産経新聞社東京本社編集局外信部編集委員の藤本欣也氏です。新型コロナウイルス感染拡大の影響により昨年講演が延期となった19年度受賞者である元朝日新聞社経済部次長(現在フリー)・村山祐介氏も講演します。

今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため聴講人数を制限し、館内にサテライト会場を設けます。

講演

第1部 5月1日(土) 午前10時30分~11時50分
◇元朝日新聞社経済部次長(現在フリー)・村山祐介記者
子どもたちのエクソダス 移民急増で試練の米バイデン政権

第2部   同     午後1時30分~4時
◇産経新聞社東京本社編集局外信部編集委員・藤本欣也記者
香港は死んだ~現場からの報告~民主派は敗れたのか?
◇共同通信社外信部次長・芹田晋一郎記者
習近平指導部の海洋戦略と日米中関係

会場

ニュースパーク(日本新聞博物館)
メイン会場   2階イベントルーム(定員30人)
サテライト会場 3階多目的ルーム (定員20人)

定員

50人(先着30人は主会場、20人はサテライト会場での聴講)
申し込み先着順。定員になり次第、締め切ります。

その他

聴講無料。ただし新聞博物館の入館料(大人400円、大学生300円、高校生200円、中学生以下無料)が必要となります。

お申し込み

住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、聴講を希望する回(第1部または第2部または両方)、参加ご希望人数をお書きのうえ、「Eメール」または「往復はがき」でお申し込みください。

[Eメール]

npevent@pressnet.jp

[往復はがき]

〒231-8311 横浜市中区日本大通11
日本新聞博物館「ボーン賞講演会5/1」係

  • Eメールでのお申し込みは、タイトルに「ボーン賞講演会」と明記してください。
  • メールの場合、添付ファイルはお受けできません。
  • 往復はがきの場合は、返信部分に宛先をご記入ください。
  • いただいた個人情報は、本講演会以外の目的には使用いたしません。ただし、当選して来館された方の情報は、新型コロナウイルス感染拡大防止の目的で保健所などの行政機関による調査に使用する場合があります。
  • 新型コロナウイルス等の影響を考慮し、中止となる可能性もありますので、ご了承ください。

お問い合わせ

日本新聞博物館 電話:045-661-2040(午前10時~午後5時)