常設展示

新聞・ジャーナリズムが果たす役割を歴史的資料や体験型展示で学べます。確かな情報の大切さを感じ取り、記事に込められた新聞記者の思いに触れることができます。新聞記者になって取材体験するゲームもあります。

常設展示室のご案内

A新聞のあゆみ

明治時代に誕生した日本の新聞は、百数十年にわたり、人々にいち早くニュースを伝え、政治や社会のあり方を問い続けてきました。ここでは、所蔵資料20 万点の中から、新聞の創刊号や新聞製作機材など約200 点を紹介し、新聞があゆんできた道のりをたどります。

B情報社会と新聞

現代社会に生きるわたしたちの周りは情報であふれています。ここでは、急速な情報化の進展を体感していただくとともに、わたしたちと情報の関わりや情報を見極める大切さについて考えます。さらに、そうした現代社会の中で、確かな情報を届けるために日々努力している新聞の役割と新聞記者の仕事を紹介します。

C新聞を知ろう

新聞がどうやって作られ、届けられているかを知り、新聞の魅力や面白さに出合うゾーンです。新聞配達ゲームや新聞で遊べる小部屋で、まずは新聞と触れ合ってみましょう。

展示解説・プログラムのご案内

展示解説

解説ボランティアによる常設展示のご案内を行っています。約30分で、ご要望に沿って「新聞の歴史」や「新聞が届くまで」を説明します。日本大通り周辺を再現したジオラマを基に周辺の見どころ等もご案内します。

横浜タイムトラベル(取材体験ゲーム)

横浜港周辺の街並みを再現したジオラマにタブレット端末をかざすと過去へタイムスリップ。歴史上の人物に話を聞いて、オリジナルの新聞を完成させる取材体験ゲームです。

マイ新聞づくり(個人向け)

製作工房では、いつでもオリジナル新聞づくりを体験できます。

パソコンで新聞づくり(団体向け)

パソコンを使ってオリジナル新聞をつくるプログラムです。初心者でも簡単に取り組むことができます。

新聞レクチャー(団体向け)

記者出身の新聞製作マネジャーが文章の書き方や新聞の読み方、情報産業としての新聞について教えます。

取材クルーズ(団体向け)

記者になって、ニュースパークを取材する「対話型」プログラムです。学習テーマに合わせてワークシートを選べます。