こんな時代があった 報道写真「昭和8年」終了

終了

2016年

ニュースパーク(日本新聞博物館)は、現在開催中の「こんな時代があった 報道写真『昭和8年』」展の期間中、古写真収集家の石黒敬章さん、若手女性写真家の安田菜津紀さんをお招きして、トークショーを開催します。


2016年10月1日(土)―12月25日(日)

昭和8(1933)年は、日本が満州事変に対する批判を受けて国際連盟を脱退、ドイツではヒトラー率いるナチスが政権を握るなど、戦争への曲がり角の年といわれています。

一方で科学技術は大きな進歩を遂げ、人々は生活を楽しみ、未来に希望を託す気分が広がっていました。

本企画展では、古写真収集家の石黒敬章氏が所蔵する写真を中心に、共同通信社のアーカイブ写真を交えて、当時の世情を振り返ります。

第1章「大戦への曲がり角」では、世界大戦への「曲がり角」ともいわれる年の出来事をつづります。第2章は「科学技術の発展と飛行機の時代」。科学技術が大きな発展をとげたこの時代、特に飛行機の進歩はめざましいものがありました。人々に輝かしい未来を予感させながらも、来るべき戦争では主力兵器になる運命の飛行機に焦点をあてます。第3章「街のにぎわい」、第4章「スポーツの興奮」では、つかのまの平和をおう歌する人々やスポーツを楽しむ人たちの姿を紹介します。

主催 一般社団法人共同通信社、ニュースパーク(日本新聞博物館)
協力 石黒敬章氏(古写真収集家)
後援 神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、株式会社電通
page Top