企画展「沖縄復帰50年と1972」「近代日本のメディアにみる怪異」を同時開催

新型コロナウイルス感染防止のため、ニュースパークは運営を一部変更しています。
詳しくは「感染防止対策へのご協力のお願い」をご覧ください。

開催中

New関連イベント情報をお届けします。

ニュースパーク(日本新聞博物館)は、4月23日(土)から9月4日(日)まで、企画展「沖縄復帰50年と1972」(協力:沖縄タイムス社、琉球新報社、朝日新聞社)と「近代日本のメディアにみる怪異」を同時開催します。

「沖縄復帰50年と1972」は、今年5月15日に沖縄の日本復帰50年を迎えるにあたり、沖縄タイムスと琉球新報を中心に地元紙が復帰をどう伝えたか、当時の紙面と写真で紹介します。沖縄戦、米軍統治、復帰以降の沖縄をめぐる報道も取り上げます。また、1972年は、国内外でさまざまな事件・事故が起きた年でもありました。それらを報じる当館所蔵の号外・紙面も紹介します。展示資料は約100点です。このほか、ホワイエでは、2018年に企画展「よみがえる沖縄1935」を共催した朝日新聞社による沖縄復帰を捉えた写真を、前後期で25点ずつ展示します。

「近代日本のメディアにみる怪異」は、妖怪、幽霊、超常現象などの「怪異」について、明治時代以降の新聞がどのように伝えてきたのか、所蔵資料を中心に約110点展示します。開幕時は第1部「社会の混乱と怪異」、第2部「近代化・大衆化する社会と怪異」で構成。6月28日からは第2部を「明治の新聞と妖怪・幽霊」とし、展示を入れ替えます。当時の記事をたどると、怪異は日常の娯楽として歌舞伎・落語の演目に、災害や疫病などの凶事においては信仰や心のよりどころになっていることがわかります。歴史の記録者である新聞は、当時のニュースとともに各時代の怪異の姿、人々の思いを伝えていました。困難な時代を信仰やユーモアで乗り越えようとした、当時の人々の思いに触れていただく展示です。


【企画展概要】

(1)企画展「沖縄復帰50年と1972」 ※2階企画展示室の1/2スペース

主催 ニュースパーク(日本新聞博物館)
協力 沖縄タイムス社、琉球新報社、朝日新聞社
後援 神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、川崎市教育委員会

〈展示構成〉
Ⅰ「沖縄の日本復帰」
沖縄の地元紙(沖縄タイムス、琉球新報、八重山毎日新聞、宮古毎日新聞)の復帰当日と翌日の紙面を紹介するとともに、沖縄タイムス、琉球新報の復帰に関する写真を展示します。
Ⅱ「1972 そのとき日本は 世界は」
元日本兵・横井庄一さんの帰還、札幌冬季五輪開催、あさま山荘事件、外務省機密漏えい事件、大阪・千日デパートのビル火災など、沖縄が日本復帰した1972年に起きたさまざまな出来事を、当館所蔵の当時の号外・紙面で振り返ります。
Ⅲ「沖縄戦と米軍統治」
沖縄戦を伝えた写真や映像を展示するとともに、琉球政府成立、サンフランシスコ講和条約調印、米軍の強制土地接収、コザ反米騒動など米軍統治下の出来事を伝える紙面や写真を展示します。
Ⅳ「復帰以降の沖縄」
復帰記念沖縄特別国民体育大会(若夏国体)〈73年〉、沖縄国際海洋博覧会(75年)、交通方法変更(78年)、沖縄国際大学への米軍ヘリ墜落(2004年)、首里城火災(19年)をはじめ復帰以降の沖縄をめぐる報道を取り上げます。

〇ホワイエ展示
沖縄の日本復帰を捉えた朝日新聞の写真を前後期で25点ずつ展示します(前後期で入れ替え)。
前期:4月23日(土)~6月26日(日)
後期:6月28日(火)~9月4日(日)

(2)企画展「近代日本のメディアにみる怪異」※2階企画展示室の1/2スペース

主催 ニュースパーク(日本新聞博物館)

〈展示構成〉
第1部 「社会の混乱と怪異 ~疫病・災害・戦争~」
疫病・災害・戦争などの混乱期に生まれた「怪異」に関する伝承・新聞報道について、かわら版や新聞本紙などで紹介します。また、その時々の出来事を伝える報道紙面も併せて展示します。人々が恐怖や不安とどのように向き合っていたのか、当時の怪異関連記事から、その断片を探ります。
第2部(前期)「近代化・大衆化する社会と怪異」 4月23日(土)~6月26日(日)
近代化を進める日本の社会で、怪異がどのように認識されていたのか、新聞資料などで紹介します。憲法発布や戦争などの重大事件、迷信を否定する学者の登場、都市部の経済発展、大衆化など、変転する社会は怪異をどのように見ていたのかをたどります。
第2部(後期)「明治の新聞と妖怪・幽霊」 6月28日(火)~9月4日(日)
江戸時代末期から明治時代にかけて、かわら版や錦絵新聞、落語に題材・ニュースとして登場した、妖怪・幽霊・奇談を紹介します。メディアを通して、怪異が人々にとって身近な存在となっていた事例を紹介します。


【会期、施設情報】

会期 4月23日(土)~9月4日(日)
場所 ニュースパーク(日本新聞博物館) 2階企画展示室
横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
開館時間 午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は次の平日)
入館料 (常設展含む、税込み)
一般400円、大学生300円、高校生200円、中学生以下無料
※両方の企画展をご覧いただけます

【イベント】

  • ギャラリートーク ※終了しました
    5月5日(木・祝)午後1時30分~2時「沖縄復帰50年と1972」
             午後2時~2時30分「近代日本のメディアにみる怪異」
  • 座談会「地元紙が伝える沖縄 これまでと今、そしてこれから」
    6月11日(土) 午後2時~3時30分
  • 報道写真家・石川文洋さん講演会
    7月24日(日) 午後2時~3時30分

詳しくはこちら

上記以外のイベントも予定しています。詳細が決まり次第、お知らせします。